風が通り抜けるということ|エアコンのいらない家

interview:藤山和久(「建築知識」元編集長) photo:西山輝彦

「エアコンのいらない家」が公式にスタートする以前、すでに「エアコンのいらない家」を建てられていたご家族がいらっしゃいました。場所は山梨県の甲府盆地。

暑さ寒さが厳しい盆地という環境にありながら、ご主人は開口一番、「十分快適に暮らせています」とおっしゃいます。

その秘密はどこにあるのでしょうか。

梅雨に中休みとなった7月の日曜日。山梨県甲斐市の八巻邸でお話をうかがいました。

取材日:2014年7月6日

こんな間取りで大丈夫かな…

01

八巻さん
エアコンのいらない家
建物南側からリビング方向を見る
玄関から廊下を見る

――

よろしくお願いします。

 

八巻

こちらこそ。

 

――

さて、さっそくですが、八巻さんのお宅について、いろいろおうかがいしたいと思います。まず教えていただきたいのは、なんといっても「エアコンのいらない家」を建てられた、その理由からです。

 

八巻

ええ。

 

――

八巻さんのお宅は、山田浩幸さんが『エアコンのいらない家』(2011年・エクスナレッジ刊)を執筆される以前に竣工していますので、その“先駆性”にとても興味があります。

どうして、「エアコンのいらない家」を建てようと思われたのですか?

 

八巻

私は全然そんな意識はなかったんです。

エアコンは、別にあってもなくてもよかった。結果的に「いらない家」になったというだけで。

 

――

そうなんですか。

 

八巻

では、そもそものいきさつからお話しましょうか。

 

――

ぜひ、お願いします。

 

八巻

私の実家は山梨県の北杜市というところで、標高が500mくらいの場所にあります。

夏は窓をあけっぱなしにしておけば、エアコンは全然必要ないような環境です。

 

――

いいところですね。

 

八巻

そんな家で育ったせいか、「家にはエアコンが付いていなければ絶対に困る」とは思わないんです。

かといって、「エアコンなんて絶対に付けたくない」とも思わない。

あえていえば、自分がこれから建てる家には「普通に」エアコンが付くのだろう、くらいのイメージしかもっていませんでした。

 

――

なるほど。

そんな八巻さんが、どうして急旋回を?

 

八巻

家を建てようと決意して最初にしたことは、おそらくほかの方もそうでしょうが、

近くの住宅展示場に行ってパンフレットをもらい、そこに載っている間取りの例を見ながら、「うちの間取りはどうしようかな?」とイメージをふくらませることでした。

 

――

はい。

そういう方は多いと思います。

 

八巻

ただ、そんなことをしている最中に、ふと思い出したんです。

「そういえば大学時代の友人に、住宅の設計を仕事にしているヤツがいたじゃないか」って。

 

――

ほう。

 

八巻

で、さっそく彼(株式会社ミサワホーム総合研究所・舘野一幸氏)に電話をしたら、すぐに飛んできてくれました。 

 

彼が「どういう家にしたいの?」と聞くので、私たちの要望をあれこれ話したら、よし分かったといって、後日その要望を図面にまとめて持って来てくれたんです。

 

――

なんともスピーディーな。

 

八巻

私は住宅の設計は素人ですが、素人は素人なりにハウスメーカーの間取りを見ながら思い描いたわが家の間取りが、なんとなく頭にありました。

でも、彼が持って来てくれた図面を見ると、それはもう、私のイメージとはまったくかけ離れた間取りだったんです。

 

――

どれくらいかけ離れていました?

 

八巻

こんな間取りで大丈夫かと不安になるくらい。

 

――

(笑)

 

八巻

それくらい個性的な間取りに見えました。

とはいえ、彼の提案を断って、あらためて住宅展示場巡りをするのも面倒だなと思い、エイヤッで彼の提案に乗ることにしたんです。

 

――

なるほど。

たしかに、完成したお宅はハウスメーカーの標準的な間取りとはちょっと雰囲気が異なりますが、だからといって住みづらそうな家というわけでもないですね。

押さえるべきところはきちんと押さえてある印象です。

 

(つづく)

 

 

トップへ
ホームへ