きほんの間取りとその理由
きほんの間取りとその理由|エアコンのいらない家

エアコンのいらない家には、設計のベースとなる「きほんの間取り」があります。

この間取りを雛形に、敷地の環境やお客様のご要望に合わせ、少しずつアレンジを加えながら最適なプランを検討していく――これが基本的な設計の流れです。

そのように設計を進めていく理由について、少し詳しくお話しいたしましょう。

イージーオーダーでつくる|エアコンのいらない家
 

1階部分にLDKを中心としたパブリックスペースを配置する間取りです。

延床面積40坪(約132㎡)は都市部では広めの面積といえるでしょう。

暮らしのイメージ

暮らしのイメージ
日差しや風の動き
間取りだけの図面
2階平面図(暮らし)
1階平面図(暮らし)
 

01

イージーオーダーでつくる。

洋服の仕立て方には、いくつかの種類があります。

その究極は、何から何まで一からつくり上げる「フルオーダー」ですが、もう少し気楽につくる方法として、元々あるパターン(型紙)をお客様の体型に合わせ、寸法などを調整していく「イージーオーダー」というつくり方もあります(フルオーダーもイージーオーダーも和製英語。イージーオーダーは正しくはメイドトゥメジャー[Made to Measure]といいます)

 

「エアコンのいらない家」は、このイージーオーダーに似た方法で設計を進めていく家です。というのも……

 ① 自然のチカラを最も効率よく活かせる住まい

 ② 毎日が暮らしやすく、楽しく美しく過ごせる住まい

この2つを両立させようとすると、敷地の環境はどうあれ、どの家もおおむね似たような間取り(パターン)に落ち着いてしまうからです。

 

もちろん、縦にい敷地、台形の敷地、変形した敷地……、敷地のかたちで間取りはガラッと変わります。「キッチンをもっと広く」とか、「収納スペースを増やして」といった要望に応えることも可能です。けれど、基本的な構成要素、間取りのルールは変わりません。

「もっと違ったアプローチも考えられるのではないか?」

これまで、さまざまな試行錯誤を繰り返してきましたが、結局はいつも同じ場所に落ち着きました。考えてみれば、日差しの取り込み方、風の抜き方はどの家も共通なのですから、間取りが似てしまうのも当然といえば当然です。

 

それを分かりやすく示したのが、上図「きほんの間取り」です。

「きほん」と銘打ってはいるものの、見方を変えれば、ああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返した『究極の間取り』といえるかもしれません。

フルオーダー
フルオーダー
=すべてイチからつくります
イージーオーダー

イージーオーダー

=最適なパターン(型紙)を

 組み合わせます

パターンオーダー

パターンオーダー

=既製品を微調整するだけです

02

標準仕様と選ぶよろこび。

完全自由設計

完全自由設計

=無限にある選択肢が逆にストレスを与えがち

イージーオーダー設計

イージーオーダー設計

=厳選されたものの中から好みのものをチョイス

「きほん」を決めているのは、間取りだけではありません。

たとえば以下のものも、あらかじめ標準仕様を設定しています。

 

・使用する建築材料 →信頼できる製品を数種類程度に厳選

・内外装のカラー  →3~5種類前後に絞り込み

・システムキッチン →タカラスタンダード社製で統一

 

間取りのルール以外にもいくつかの仕様を決めているのは、ひとえに「選択するよろこび」を手放さないためです。

 

完全自由設計を謳うフルオーダーの注文住宅は、何から何まで自分で選び、つくり込んでいく面白さがあります。しかしその反面、何から何まで自分で決めなければならない『苦しさ』もあります。

壁紙一つとっても、やろうと思えば何百種類のなかから選びだすことが可能です。分厚いカタログをバッと広げて、「お客様はどれがお好みですか?」と伺うことも出来るでしょう。でも、そのような選択、選択、選択が続いていけば……。楽しさはいつしか苦しさに変わるはず。

 

それよりも、家づくりのプロたちが、長年の経験から自信をもってオススメできるものを厳選し、お客様には最後の最後でお好みのものを選んでいただく。そのほうがきっと、選ぶよろこびを味わえることでしょう。

 

あらかじめ「決まっている部分」と、「自分で決める部分」のバランスを保つ。これもまた、イージーオーダーの仕立て方に似た、家づくりの手法といえます。

03

日常の風景こそ美しく。

「きほんの間取り」(暮らしのイメージ)をご覧いただくとお分かりのように、そこにはモノの置き場所、家事の流れ、日常の作業イメージなど、間取り以外のことまで細かく書き込んであります。

それらはすべて、毎日を美しく、快適に過ごしていくためのヒント。

熱や空気のデザインのみならず、日常生活を美しくデザインすることも、「エアコンのいらない家」が大切にしている家づくりの「きほん」にほかなりません。

 

ふつうの人が、ふつうの暮らしを営んでいけば、

・日々たくさんのゴミが出るでしょう

・畳んでいない洗濯物の山が放置される日もあるでしょう

・洗うのが面倒な鍋や皿が溜まることだってあるでしょう

 

たくさんの「美しくない光景」が、竣工直後の美しかった室内を次々と侵食していきます。

でもそれは、住まいとして当たり前の光景。だからこそ、恒常的に生みだされる「美しくないシーン」を、少しでも「美しい光景」に変えられるような工夫が、家づくりの計画段階で求められてくるのです。

片づけが追いつかず、そこらじゅうにモノがあふれそうな日でも、設計の時点であらかじめ「片づけやすい仕掛け」さえ施しておけば、住まいはある程度こざっぱりとした空間のままでいられます。

一般的に想定される「モノの置き場所」まで細かく書き込んであるのは、そうした配慮を重視している設計側の決意表明でもあります。

 

日差しの入れ方や風の通し方と同じように、「人間の効率的な移動ルート」「整理整頓がしやすい工夫」なども、「エアコンのいらない家」のパターン(型紙)にしっかり刻印されているのです。

ゴミ出しを機能的に

毎日出るゴミを美しく機能的に分別

洗濯を機能的に

洗濯物を洗い、干し、取り込み、畳むまでの流れを美しく機能的に

&

そして、お楽しみはここからです

以上3つの観点から、エアコンのいらない家が採用しているイージーオーダー設計の特徴をお話しさせていただきました。

ただ、これらはすべて、家づくりの「初期設定」に過ぎません。

 

環境的に快適な家であること。

機能的に優れた家であること。

たしかにそれは、住宅にとって大切な評価軸の一つです。

けれど、家づくりとはそれだけで完結するものではないでしょう。

理屈では語れない個人的嗜好・こだわりを加味することで、あなたの家はどの家とも違う、かけがえのないわが家に育っていくはずです。
ある人にとってそのこだわりは、「インテリアの美しさ」かもしれません。またある人にとっては、「リビングから眺める日没のひととき」かもしれません。

 

もちろん、何もかも実現できるとは限りませんが、各家庭のこだわりを大切にしつつ、「あなただけのエアコンのいらない家」ができるよう、総合的な観点でプランのご提案をさせていただきます。