「日経アーキテクチュア」に掲載されました(山田浩幸)

2015年4月10日号に掲載

日経アーキテクチュア|エアコンのいらない家
メディア・出版情報へ

『フォーカス[建築]』のコーナーで、山田が設備設計を手がけた「はくすい保育園」が取り上げられました(意匠設計:山﨑健太郎デザインワークショップ)。

(以下、記事より抜粋)

(前略)自然力で常時、通風を行うのに重要なのは、建物の南側を低く、北側を高くすること。なぜなら日本の夏は、風が南から吹くことが多く、建物内の気流は低い所から高い所へ移動するからだ。

はくすい保育園の場合、敷地の傾斜が南から北に上る方向だったのは好都合だった。南側の開口を広く取り、保育室と遊戯室には間仕切りを設けず、1つの大部屋のような空間とした。

「エアコンのいらない家」の仕組みを、保育園に応用した事例です。

日経BP社)