「ストーリーで面白いほど頭に入る・建築設備」が出版されました(山田浩幸)

2011年12月20日発行

ストーリーで面白いほど頭に入る・建築設備|エアコンのいらない家
メディア・出版情報へ

日本初の「住宅設備マンガ」です。

内容はプロ向けですが、一般の方が読んでも面白いと思います。

 

(以下、カバーに書いてあるあらすじです)

 

勤めていたゼネコンの倒産で、父が経営する設計事務所にやむなく就職した菅谷建太。

ある日、建太のもとに戸建住宅の設計依頼が舞い込んだ。

依頼主は建太の姉。「一級建築士の免許を取ったお祝い」に姉夫婦が建てる新築の設計を依頼してきたのだ。

しかし父は、建太の経験不足を理由にそれを認めない。

ただ、ある条件をクリアできれば話は別だ。

「住む人間のことを本当に考えた図面が、お前に描けるのなら…」。

快適な住環境を実現する、設備計画が十分に錬られた住宅を、果たして建太は無事設計できるのか。

(エクスナレッジ)