完成見学会、ご来場のみなさまありがとうございました。


2日間で30組近い方にお越しいただいた千葉N邸の完成見学会。

予想以上にたくさんの方にご来場いただき、関係者一同感謝感謝の2日間でした。

ご来場のみなさまとお話させていただき、わたくし小沢が強く感じたのは、

「エアコンのいらない家」のコンセプトは、誰もが共感できる、家づくりの根幹、

最奥部をぐっと押さえているんだな、ということでした。

南からの日差しがあたたかいとか、風が家の中を通り抜けるとか、

家全体が均一に心地よいとか、北側の部屋でも明るいとか、

どれも当たり前の話ですが、その当たり前ができていない家があまりに多いことが、

逆に「エアコンのいらない家」を珍しい存在にしているのではないかと思った次第です。

「そうそう、住むならやっぱりこういう家がいいのよ」と

ある70代の奥様はおっしゃいました。

「やっぱり、ほっとする家がいちばんだからね」

ちなみに、ご来場のみなさまの感心ポイントベスト3(小沢調べ)は、

1 PSパネルからつながる空気の道

2 2階の欄間とおばあちゃん家の雪見障子

3 1階テラス隅の凹んだ「隠れ家」スペース

でした。

さらに、ご来場のみなさまにうかがった「いま住んでいる家の不満」を挙げると、

・高気密だけど風が抜けなくて息が詰まりそう

・北側の部屋が寒い

・ほしい場所に窓がなかった

・軒が出ていない

・階段の手摺が細くてつかみ心地が悪い

・吹抜けが寒い

などなど。

「心地よい家」が大事だと分かってはいても、いざ家づくりの段になると、

キッチンの使い勝手とか壁の仕上げ材とかに興味が移って、心地よさって

ついついあとまわし(あるいは忘れたまま)になるんですよね。

住まいの価値観は人それぞれですが、心地よい家が少しでも増えるといいなと

あらためて感じた2日間でした。(小沢)