家具・建具職人の江澤さん


スタジオMの江澤さん
雪見障子
ワーロン張り

仕上げ作業も佳境に入り、この日は造作家具と特注の建具が入りました。

この家は、お施主さんの希望で建具の一部に「スタジオM」の作品を入れています。

スタジオMは長野県にある家具・建具屋さんで、いわゆる建築家住宅にも

数々の特注家具や建具を納入しているデザイン・技術ともに優れた家具・建具屋さんです。

代表の江澤さんは数年前に家族とともに長野県に移住されました。

「子供を田舎で育てたかった」というのが理由だそうで、奥さんも江澤さんの決断に

すぐさま賛同されたそうです。いい話。

2階のインナーバルコニーに入れた建具は、かつてこの敷地に建っていたお施主さんの

おばあちゃんの家にあった雪見障子を移設したもの。

江澤さんの腕で見事に復活しました。

床の養生テープが畳の縁みたいで、なんとなく和風な雰囲気が漂います。

1階玄関前の建具はワーロンを張った「現代風の障子」。

「古き良き日本家屋」というコンセプトがこういうところからも、にじみ出てきます。

田舎の古い家育ちの人にとっては、ツボにはまるアイテムではないでしょうか。(小沢)