タイル張ってます


現場は順調に仕上げの作業に入っています。

この日はキッチンや縁側のタイルを張っていました。

キッチンのタイルは、当初ヘキサゴン(六角形)やコラベル(葉っぱ形)といった

変わった形も検討していましたが、最終的に「白の100角」という最もベーシックなものに

落ち着きました。

施工責任者の大原さんのポリシーは、「最終的にきれいに納まらないものはおすすめしない」。

長く付き合うことを考えれば、結局ベーシックなほうが飽きがきませんし、愛着も湧いてきます。

でも、シンプルなタイルだけに施工の技術がモロに出てしまいます。

タイルの「目地割り」は大原工務所の棟梁と設計者が十二分に検討。

シンプルさが際立つきれいな納まりになったと思います。

今月末の見学会のときは、ぜひタイルの目地割りにも注目していただければ。

外壁の上塗りも終わって、来週には足場が取れます。(小沢)