ウレタンの吹付け


大きなホースを持つこのお方、ウレタン吹付けの職人さんです。

「エアコンのいらない家」は基礎下に集熱ダクトを通すため、「発泡系の断熱材」を吹いて

基礎の断熱をしっかりしておかないと、せっかくの暖かい熱が基礎下を通る間に冷やされて

しまいます(冬季)。

現場で発泡するウレタンをホースの先から吹き付けていくのですが、その際に発生する

「発泡熱」のせいで、夏場の作業は蒸し風呂状態になるそうです。

2番目の写真はウレタンを吹き付け終わったところ。

写真では軟らかそうに見えますが、さわるとカチカチに固まっています。

最後の花柄の壁は、「アスファルトフェルト」という壁の下張材を張ったところ。

真っ黒いフェルトに花柄がプリントしてあるだけですが、なんとなくなごみますね。(小沢)